マンションお役立ち情報

収納方法 イの方法

2017年8月22日 / カテゴリ:収納方法

 

私はマンション管理会社で、会計事務を積み重ねる日々を送っています。

管理組合運営で「困っていないかな」と思うことを、私なりにわかりやすく表してみました。

 

今回は、会計業務の中の出納です。

 

現在、私共が管理をさせていただいている管理組合様の収納方法の多くは、イの方法です。

 

「イの方法」とは

適正化法施行規則第87条第2項第1号イの方式(財産の分別管理)

・区分所有者は、管理費等を毎月収納口座へ入金します。その口座から共有部分の光熱費や各業者等管理事務に要する費用の支払いをし、残額を翌月末日までに保管口座へ資金移動します。

 

・口座は管理費等を入金する普通預金と、保管していく普通預金の二つになります。

 

・管理会社は、出納業務の事務の効率性に配慮して収納口座の通帳と印鑑の同時保管OKですが、残額が多くなる保管口座については、印鑑は管理組合様で管理し、通帳は管理会社で管理します。

 

・収納口座の中には、管理費と修繕積立金が含まれていますが、管理費と修繕積立金は分けて管理するため、会計も二つあります。
 

分別管理には、イロハの三つの方法があります

 

 

 

イの方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 収納方法とは、管理費等を共用部分の管理に充てるために負担し納入した金銭の流れのこと。

※ 管理費等とは、管理費や修繕積立金・専用使用料その他を合わせた金銭のこと。

※ 収納口座とは、区分所有者が納入した管理費等を一時的に預貯金として管理するための口座のこと。

※ 保管口座とは、区分所有者が納入した管理費等を収納口座から資金移動先の口座で、管理組合等を名義人とする。

※ 適正化法とは、マンションの管理の適正化の推進に関する法律のこと。

※ 適正化法施行規則第87条第2項第1号イの抜粋、マンションの区分所有者等から徴収された修繕積立金等金銭を収納口座に預入し、毎月、その月分として徴収された修繕積立金等金銭から当該月中の管理事務に要した費用を控除した残額を、翌月末日までに収納口座から保管口座に移し換え、当該保管口座において預貯金として管理する方法

 

 

 

ご自分の管理組合が、どの方法になっているか管理費等を入金した後の資金の流れを、重要事項説明書等により確認することができます。

 

 

 

マンション収納方法 イロハとは

2017年1月20日 / カテゴリ:収納方法

 
 
管理会社が管理組合から委託を受けて出納業務を行っていますが、一部の管理会社の管理費横領事件等により
 
管理組合の財産が損なわれる事態が発生しました。
 
よって、より毀損リスクの少ない、わかりやすい分別管理方法へ変更となったのです。
 
 
マンション管理業者は、「管理組合の財産を分別して管理しなければならない」と法律で決まっています。
 
その法律は、「マンション管理の適正化の推進に関する法律」と言い、略して「マンション適正化法」と呼んでいます。
 
「マンションの管理の適正化の推進に関する法律施行規則」も同時に定められています。
 
 
法律なので、難しい表現方法ですが、簡単に言うと
 
「区分所有者から徴収された管理費等を一時的な預貯金と修繕積立金の預金に分けて管理しましょう」と、
 
平成22年5月に改正されたということです。
 
 
管理費等の収納方法の流れは、
 
区分所有者の納入管理費等は → 一旦収納口座へ納入され、各種支払後 → 保管口座へ移し換え(保管口座は理事長名義)
 
預金通帳は、最低2口座となります。
 
収納口座に管理費と修繕積立金を一括して徴収し、毎月の光熱費や保守点検費・管理委託費等を差し引いた残りを保管口座へ
 
移し換えます。
 
 
これが、イロハの(イ)になります。
 
第87条第2項第1号 イ の方法
イの方式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イロハの(ロ)は、
 
管理費と修繕積立金をはじめから分けて徴収します。
 
収納口座へ管理費を、保管口座へ修繕積立金を徴収し、毎月の光熱費や保守点検費・管理委託費等を差し引いた残りを保管口座へ
 
移し換えます。
 
ロの方式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イロハの(ハ)は、
 
管理費と修繕積立金を一括で徴収し、管理します。収納保管口座になり、管理組合の口座は1つしか持たないことになります。
 
ハの方式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安全措置として、徴収した管理費等を収納口座と保管口座に分け、翌月末日までに保管口座へ移し替えを原則としています。
 
また、一般会計と修繕積立金会計等、会計区分ごとの収支報告書等を、管理組合へ毎月定期的に書面で報告をしなければなりません。
 
 
これが、管理組合に対する管理会社の責任となります。
 
 
 

管理費等の収納方式

2014年5月22日 / カテゴリ:収納方法, 管理組合

管理費等の収納方式
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「マンション管理の適正化の推進に関する法律」では管理会社は管理組合の
財産を明確に分別して管理することが義務付けられました。

 

これを「分別管理」といいます。

 

「標準管理委託契約書」を改定し、これまでの「収納代行方式」、
「支払一任代行方式」、「原則方式」を廃止して、(イ)、(ロ)、(ハ)の
3つの方式に分かれることとなりました。

 

▼ (イ)方式
—————————————————————————————————————————————————————-

「収納口座」に管理費等・修繕積立金が収納され、1ヶ月以内に管理費等の
剰余金を「保管口座」(管理組合を名義人とするもの)に移し換える方式です。

—————————————————————————————————————————————————————-

 

 

▼ (ロ)方式
—————————————————————————————————————————————————————-

修繕積立金については直接「保管口座」に預入されますが、管理費等については
(イ)方式同様「収納口座」に収納され、1ヶ月以内に管理費等の剰余金が
「保管口座」に移管される方式です。

修繕積立金と管理費等の収納を分けて行うため「口座振替手数料」が2倍かかる
ことになるため、この方式を使うマンションは少ないと思います。

—————————————————————————————————————————————————————-

 

 

▼ (ハ)方式
—————————————————————————————————————————————————————-

管理組合の口座は「収納・保管口座」1つだけという方法です。
この方式は、従来の収納代行方式及び支払一任代行方式(収納口座の通帳・印鑑
とも管理会社保管)の場合は、認められません。

—————————————————————————————————————————————————————-

 

 

 

管理会社との付き合い方
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

管理会社に管理業務を任せきりでは、いけないことは言うまでもありません。

 

しかし、何でも管理会社を根拠もなく疑ってかかることも得策ではありません。
緊張感のある信頼関係を築き良きパートナーであることが一番といえるでしょう。

 

管理委託契約は、高度な信頼、信用を拠り所とする委任を基礎とし、管理組合の
大事な金銭管理も含まれています。

 

管理会社は管理のプロのもつ技術を上手に使いつつ、管理組合が主体となり
相互の向上に結び付けたいものです。

 

 

>>>マンション管理に関する無料メルマガも配信中です!!