マンションお役立ち情報

マンションの消防設備点検は、どんなことをするの?

2018年6月25日 / カテゴリ:消防設備

 

消防法では年2回有資格者による消防設備機器の点検を行う事が定めれています。
1年に1回、実際に消防設備を作動させる総合的なテストを実施し、その結果は、
消防署へ届け出ることを義務付けています。点検の結果を報告しなかったり、
虚偽の報告をした場合には罰せられます。
また、6ヶ月に1回消防設備の適正な配置、破損の有無などを外観から点検します。
(消防法第17条の3の3)

 

マンションでは、具体的にどんなことをするのでしょうか?
消火器、消防ポンプ、自動火災報知機、避難器具、誘導灯などの点検を行います。
届出と数があっているか、使用できるかを確認し、実際にお部屋に入っての点検は、
機器点検の年2回になります。

 

火災の時に、消防設備等が故障していると発見が遅れたり、消火に支障が出て被害が
大きくなります。そのため設備が正しく機能するかを日頃から定期的に点検し確認す
る必要があるのです。

 

 

消防

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置が義務付けられている消防設備は色々あります。

  ●早く発見するための警備設備

   自動火災報知機

   ガス漏れ火災報知機

   火災通報装置

   非常警報器具

 

  ●消化するための消火設備

   消火器

   屋内・屋外消火栓設備

   スプリンクラー設備

   粉末消火設備

 

  ●避難するための避難設備

   避難器具(はしご・救助袋・滑り台)

   誘導灯

   誘導標識

   非常照明

 

  ●その他の設備

   排煙設備

   連結送水管

   非常コンセント設備

   無線通信補助設備

 

 

 

 マンションの建物によって設備は様々です。

 

 

 

マンション総合保険を見直しませんか

2018年5月21日 / カテゴリ:マンション総合保険

 

築年数だけで保険料が決ってしまうマンション共用部分の火災保険を、ご加入の管理組合様

メンテナンス状況に応じて、保険料が決まる保険をお勧めしています。

  1. 火災保険の見直しで、保険料が削減できれば、管理費の経費削減につながります
  2. 高経年化が進みマンションの火災保険は、年々値上がりしています
  3. きちんとマンションのメンテナンスをしているのに、築年数だけで保険料が上がるのは納得できない

 

こんな疑問や不満を感じたことは、ありませんか?

現在継続している火災保険、一度見直しませんか?

 

 

「マンション管理適正化診断サービス」の診断結果に応じて、保険料の割引が受けられます

診断は無料です。

 

マンションドクター
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マンション管理適正化診断サービス」の最大の特徴は、マンション管理士が、管理運営状況、修繕計画状況、

法廷点検・修繕工事、保険事故履歴などマンションの管理状況全般を対象に、目視・書類チェック・ヒヤリングを行い、

診断結果やアドバイスを記載した診断レポートをご提供いたします。

 

管理組合様は建物や運営等の水準の維持・向上を図るため基礎資料として、活用して頂けます。

 

また、「マンション共用部分診断レポート」の結果につきましては、日新火災海上保険㈱のマンション共用部分用

火災保険において、割引適用制度を利用することが出来ます

 

 

 

[診断のお申込やお問合せ先]

〒356-0004
埼玉県ふじみ野市上福岡1-14-7

近藤リフレサービス株式会社
マンションビル開発

TEL049-256-8500 FAX049-256-8780

メールでのお問合せは こちらから

 

 

 

 

排水管改修工事を検討中の管理組合様へ(マルライナー工法)

2018年3月23日 / カテゴリ:マルライナー

 

排水管の改修工事で【工事費用・安全な工法・信頼の出来る業者】等で悩んでいる管理組合様

マンションの管理会社だから提案できる排水管再生工法があります。

高耐久」「短工期」「低コスト」の三拍子揃った「マルライナー工法」です。

「マルライナー工法」は、既存の排水管の中に新たにパイプを形成するパイプインパイプ技術、

耐久性の高い排水管に生まれ変わりますので、長く安心してご使用することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

Before&After

さび

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既設管の穴や凸凹が埋まり、つなぎ目がなく表面の滑らかな排水管に再生されます。

 

 

 

あな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みのある管理組合様にお勧めしています。

・古くなり錆などの腐食が進んだ排水管は、漏水等を引き起こす危険性があります。

・築20年で、排水管がいつまでもつか心配。

・配管の詰まりや嫌な臭いに悩まされている。

・できるだけ工事の費用を抑えたい。

・しっかり長持ちする工法を選びたい。

・信頼のおける業者に頼みたい。

・施工方法を実際に確認してから依頼したい。

 

 

 

 

 

 

見積は無料です。気の張らないお問合をお待ちしております。

 

 

お問合せは、マルライナー工法 取次会社

近藤リフレサービス株式会社へ

マンションビル開発

 

TEL049-256-8500  FAX049-256-8780
メールでのお問合せは こちらから

管理組合とフロントマン

2018年3月13日 / カテゴリ:フロントマン, 用語集

 

「フロントマン」とは、管理会社の担当者で管理組合運営(マンション管理)に

必要な業務を幅広くサポートしてくれる人のことです。

 

フロントマンは優れたコミュニケーションスキルが必要な仕事で、総会や理事会

の資料作成、点検業者のスケジュール調整・作業の割り振り、管理規約や使用細

則等の作成、理事会役員様の要望を聞いたり、区分所有者等のクレーム対応など

役目は様々あります。

与えられた業務をこなすだけでなく、管理組合運営において自ら動いてくれる人が、

優秀なフロントマンといえるでしょう。

豊富な知識はもちろん、交渉力も必要となるため、ある程度の経験は必要不可欠です。

経験の浅いフロントマンばかりいる管理会社は、労働環境や経営そのものに問題を

抱えている場合があり、サービスの質も低い傾向にあるといえます。管理会社全体の

社員の平均勤続年数も確認すると管理会社の質を見極めるのに、役に立ちます。

 

 

フロントマンは定期的にマンションの巡回を行っていますか?

設備の不具合やマンションの老朽化など、危険が及ぶ可能性がある場合、フロントマ

ンが定期的に巡回し点検・確認をしていれば、大きな事故につながることは少なくな

ります。

また、日常的にマンションの清掃をしたり安全面やセキュリティ面で見回りを行う管

理員が、不愛想で挨拶をしなかったりすると、居住者は顔を合わせるだけでも気分が

悪くなったり、マンション全体の雰囲気も良くありません。そのためフロントマンは、

管理員の勤務態度に問題はないかもチェックしています。

 

管理会社は、マンション内で発生したトラブルはもちろん、管理規約違反、管理費の

滞納など迅速かつ適切な対応が求められるため、直ちに管理組合の理事会へ報告を行

い必要に応じ適切なアドバイスをする姿勢が必要不可欠です。

問題を先送りにしているフロントマンが担当だと重大な問題につながり、取り返しの

つかない状態になる恐れとなり、マンションの価値そのものに影響してくる重要なこ

とにつながります。

 

もしトラブルが発生した際、フロントマンは、どう対応し、どんなアドバイスをして

もらえるか、きちんと確認しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

会計担当理事さんは、負担になっていませんか? 相談できます!

2018年2月21日 / カテゴリ:会計業務, 自主管理

 

管理組合運営の中で、理事長さんと並び大きな仕事量となる会計業務が、

負担となっている管理組合様は多いと思います。

毎月、管理費等個人別の入金確認や銀行業務、滞納者へ督促業務、期末決算書の

作成などパソコンスキルが必要となる場合も多いですね。

日々の細かな仕事の積み重ねは、骨が折れることと思います。

 

また、必要な工事など予算面でも心配。

どれくらいの資産価値で、マンションでの生活が送れるか心配。

管理組合運営で、これで完璧ということは難しいでしょう。

 

そんなとき、どこかに相談できるところはないか。など思ったことはありませんか?

 

管理組合様ごとに、心配な部分はさまざまです。一度、気の張らないお話を遠慮なく伝えてください。

管理組合運営の不安を最適なアドバイスにより大変なメリットを実感して頂けることでしょう。

相談窓口は、電話でも、メールでも、ファックスでも、OKです。

 

 

 

 

この度、直接相談できる無料相談会を開催いたします。

3月24日(土)、足をお運び頂けたらと思います。

 

詳細はこちらから

 

 

 

 

[問合せ先]

〒356-0004 埼玉県ふじみ野市上福岡1-14-7

近藤リフレサービス株式会社
マンションビル開発

TEL049-256-8500 FAX049-256-8780

 

メールでのお問合せは こちらから